女性の薄毛(びまん性脱毛症)・抜毛・AGA(男性型進行性脱毛症)治療専門外来

男性専用サイトはこちら

0466-54-8757

ホーム > 女性の薄毛について

女性の薄毛について

女性の薄毛の原因

女性の薄毛は、髪の毛1本1本が細くなり、ハリ・コシ・ボリュームがなくなるのが特徴です。原因としては、加齢による頭皮の血行不良の他に、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。また、ヘアカラーやパーマなどによる頭皮への過剰刺激や、髪の毛をきつく結ぶことで髪の毛が一定の力で引っ張られその状態が長期間続くなども薄毛のきっかけとなることがあります。

女性の薄毛の場合、重篤な病気などが隠れている場合や、妊娠・出産後の一時的なホルモンバランスの乱れが原因の場合を除き、これという確定原因がありません。食生活の乱れ、過度なヘアケアやダイエット、ストレスなど様々な要因が薄毛につながると考えられています。

女性の薄毛イラスト

女性の薄毛の原因

女性の薄毛に最も多くみられる脱毛型は『びまん性脱毛症』といいます。びまん性脱毛症は、男性型脱毛のように頭皮の特定部位に起こるのではなく、頭皮全体が均等に薄くなり、髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えるのが特徴です。中年以降の女性に多く、成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなり、その結果として抜け毛が増え脱毛が進行してしまうのです。

薄毛女性

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れやストレス、過剰なダイエットによる栄養不足などさまざまです。最近では女性用の育毛剤や発毛剤が市販されているのでそれらを試してみるのも良いのですが、まずは生活習慣を見直し、栄養バランスを考えた食事を摂ることや良質な睡眠をとることを意識してください。 また、髪の毛が抜けるのを過剰に気にすることはストレスになり、抜け毛の悪循環になってしまいますので、気にしすぎも良くありません。どうしても心配な場合は、クリニックなどで頭皮・頭髪の状態を診てもらい、医師に相談しましょう。

現在は、クリニックで女性の薄毛治療薬が処方されています。また、頭髪専門クリニックや美容クリニックであれば再生療法で増毛を促す治療もおこなっていますので、検討してみてください。

女性の薄毛の原因

食事で予防

タンパク質は毛を構成する主成分ですが、肉類だけの脂肪分の多い食事を繰り返していると、皮脂の過剰分泌になり育毛を阻害することにつながります。肉類だけではなく、野菜・海草類などからもビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることが大切です。 髪によい栄養素はケラチンやタンパク質です。また、ビタミンB群の中でもビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護し、皮膚、髪、爪の細胞の再生に働きかけます。その他、血行をよくするビタミンE、細胞や組織の新生・新陳代謝に欠かせない亜鉛も必要な成分です。ワカメなどの海藻に含まれるヨードやカルシウム、鉄分なども髪の毛のツヤを保つためには欠かせません。これらの食物をバランス良く積極的に取りましょう。

食事で予防

睡眠をしっかりとる

毛髪は夜間に修復され成長します。特に夜10時~深夜2時の間は最も成長ホルモンが分泌される時間帯と言われています。毎日決まった時間に寝起きし、睡眠時間をきちんと確保しましょう。また、良質な睡眠をとるためにも、神経を高ぶらせる就寝前のパソコンやスマホの使用は控えるようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

適度な運動や頭皮マッサージ

適度な運動はストレス解消にもなり心身の健康につながるため、習慣にしましょう。外で運動する場合は、帽子をかぶるなど紫外線による刺激、乾燥には気を付けるようにしましょう。 頭皮マッサージは頭皮の血行促進にもなるのでオススメです。指の腹全体を使って頭皮を優しくマッサージするようにしましょう。市販のスカルプケア製品を上手に使ってもよいでしょう。

適度な運動

適度な運動や頭皮マッサージ

頭皮を清潔に保つためにも、日々のシャンプーは欠かせません。気を付けたいのは洗い方、頻度、そして髪の乾かし方です。 頭皮には皮脂腺があり、汗をかくと皮脂と混ざり合い皮脂膜という膜をつくります。この皮脂膜に汚れが溜まり、フケや痒み、抜け毛の原因になるのです。シャンプーはこの皮脂膜を綺麗にするためのもの。正しい洗髪で、頭皮を清潔に保ちましょう。シャンプーの回数は1日1回が基本です。洗いすぎると頭皮の脂を落としすぎてしまい頭皮の乾燥に繋がります。乾燥肌や敏感肌の方は2日に1回にするなど様子を見て調整しましょう。
洗髪の手順としては、まず、お湯をかける前に櫛を使ってブラッシングし軽くホコリや汚れを落とします。洗う時は爪を立てずに指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするように洗いましょう。全体的に洗い残しがないように洗ったら、シャンプー剤をしっかりすすぎます。トリートメント剤をつける場合は軽く水気を拭き取り、頭皮ではなく毛先につけましょう。すすいだら、優しく水気を吸収させるようにタオルドライします。ドライヤーは頭部から適度に離して、熱を一部分に長く当てすぎないように乾かしましょう。

適度な運動

知りたい

治療メニュー

パントガール

リポゲイン

ミノキシジル注入

ミノキシジルタブレット

グロースファクター注入治療

グロースファクター再生料法

頭皮再生ダーマペン

その他の治療メニュー

提携クリニック

ヒルズ美容クリニック